[伊藤舞雪]元カノの雪のような肌が忘れられず・・・再会してすぐ貪りあう!


元カノとは別れて1年。今の彼女とも仲良く暮らしていたが、
何か物足りない生活を送っていた。

そんなある日、彼女が社員研修に出ている時に
元カノが訪問してきた。
「忘れ物を取りにきた」と言い、帰ろうとする元カノとキスし、
物足りなさを全身でぶつけ・・・

会えない間の禁欲を晴らすかのように、
お互い獣のような交尾を繰り広げます。

性欲のままに叫ぶ伊藤舞雪がとにかく美しいです。